自転車保険が義務化!加入する前に確認するべきこと

全国の都道府県の多くが自転車保険が義務化になったのご存じですか?

まだ義務化の地域になっていなくても絶対加入した方が良いので是非最後まで読んでもらいたいなーと願っております。

自転車保険とは

自転車の事故は高い賠償金を支払う必要があるんです。

子供だって同様、高額な賠償金を請求されてしまうんですよ^^;

【過去の事例】

当時小額5年生が運転していた自転車で歩行者と正面衝突。
その損害賠償で母親に約9500万の賠償が命じられた

子供には責任能力がないので、ちゃんと自転車教育をしていなかった親の責任になってしまうんですね。

自転車ってスピード出ていたら、めちゃくちゃ危険な乗り物になるよね。
子供にも交通規則を教える&保険加入は必要だなぁ。

自転車保険に加入を検討する前に

では、自転車保険に加入しとかないと!と思いがちですが、その前に確認しておきたい事があります。

自動車保険など保険の中に自転車の保険が含まれていることがありますので、まずは確認しましょう(ちなみにうちは自動車保険に入っていたのに別途自転車保険に加入してしまいました・・・)

まず自転車の保険で必要なのは

①自分(家族)が自転車で誰かに怪我を負わせて加害者となる場合
②自分(家族)が自転車走行中に車にぶつかったり転んで怪我をしてしまう場合

大きく分けてこの2つですね。自分が加害者か被害者(もしくは自分で転んで怪我)か。

損保ジャパンの自動車保険で説明していきます。

自分(家族)が自転車で誰かに怪我を負わせて加害者となる場合

オプションの『個人賠償責任特約』に入っていれば、自分や家族が法律上の賠償責任を負った場合に補償されます。

【対象者】
 ●記名被保険者(保険に入っている人)
 ●記名被保険者の配偶者
 ●記名被保険者同居の親族
 ●別居の未婚の子供(例えば子供が大学で1人暮らしとかですね)

【補償の内容】
下記の場合に法律上の損害賠償責任の額について、保険金を支払ってもらえます。
 ●日常生活の偶然起きた事故(例:自転車運転中の事故)で他人にケガなどをさせた場合
 ●他人の財物を壊した場合
 ●間違って線路に立ち入ったことなどにより電車等を運行不能にさせた場合

【保険金額】
 ●日本国内で発生した事故 無制限
 ●日本国外で発生した事故 1事故につき1億円

なるほど。子供が他人に怪我をさせてしまったときだけじゃなくて色々補償してくれるんですな。

自分(家族)が自転車走行中に車にぶつかったり転んで怪我をしてしまう場合

自分や家族に対しての補償は人身傷害外事故特約を付帯している人は、自転車による怪我も補償の対象になりますよ!

【対象者】
 ●記名被保険者(保険に入っている人)
 ●記名被保険者の配偶者
 ●記名被保険者同居の親族
 ●別居の未婚の子供(例えば子供が大学で1人暮らしとかですね)

【補償の内容】
 ●保険を契約している車に搭乗中の事故
 ●保険を契約している車とは別の車に搭乗中の事故
 ●歩行中の自動車事故および自転車などを運転中の自動車事故

【補償対象外】
 ●自転車単独の事故
 ●相手が自転車や人の場合

【保険金額】
 ●入院日数が5日以上となったとき10万円の支給
 ●事故発生日からその日を含めて180日以内の期間は、ヘルパー費用(日額1万5,000円限度)支給

※車を2台以上所有している人の場合、人身傷害外事故特約は1台だけで良いですからね。

まとめ

自動車保険のオプションでついている自転車の保険でした。
結構手厚い補償がありますね。安心出来た人もいると思います。

結論、自動車保険をまず確認、コレが大事ですね。

あと毎月の医療費が高額になっても日本には高額医療費制度があるので毎月膨大な出費となるわけでは無いんですよ。

高額医療費制度を受ければ入院費用や手術で何十万/月とかにはなりませんので安心してください。
申請が必要で金額は収入によりますが一般的には10万円弱程度が自己負担額となり残りの金額は払い戻してもらえます。

自転車も車同様、人を傷つけられる乗り物になります。
運転は十分気をつける事と、保険の確認は必ずしましょう。

自動車保険についての過去の動画はコチラ↓
https://fever1000.com/jidosya-hoken/1723/