廃止予定のジュニアNISA、いつまで運用できるのか解説します

子供の為にジュニアNISAを検討していたのに、廃止予定となってしまったジュニアNISA。でも今からでも十分始める価値があるので詳しく解説していきます。

2023年までのジュニアNISA

廃止が決まってしまったジュニアNISAですが今からでも全然遅くはないので検討している方は迷わず始めることをお勧めします。

【お勧めの理由】
 理由①:子供が18歳になる前に解約しても非課税で払い出しが出来るようになった
 理由②:2024年以降も子供が18歳になるまでは非課税で運用出来る
 理由③:子供が成人したらNISA口座に移行可能

理由①:子供が18歳になる前に解約しても非課税で払い出しが出来るようになった

ジュニアNISAの最大のメリットは、投資による利益分が非課税になることでした(通常株や投資信託で得た利益は約20%の課税対象となりますが、ジュニアNISAは非課税となります)

ですが以前のジュニアNISAの場合は、18歳になる前に解約して引き出すことは原則できませんでしたし、引き出せたとしても過去にさかのぼって利益分に課税されてしまう制度でした。

子供の学費や家の事情で急な出費が出たときを考えると引き出せる制度のほうがいいのになぁ

せっかく非課税になると思ったのに途中でやめたら課税されるなんて・・・利益が残らなくてジュニアNISAをやる意味がなかったかも。

という人も多く以前のジュニアNISAが人気がありませんでした。

ですが改正後のジュニアNISAでは、18歳より前でも非課税で引き出せるようになって大変使い易い制度になったのです。

理由②:2024年以降も子供が18歳になるまでは非課税で運用出来る

では2024年以降のお金はどうなってしまうのか説明していきます。

2024年以降、5年間非課税で運用したお金はジュニアNISA口座から引っ越します。引っ越し先は継続管理勘定という口座になり子供が18歳になるまで暮らします(特に何も変わらない)

???
もう少しわかりやすくお願いします。

わかりやすくする為に図を作成しました(*^_^*)ジュニアNISAで5年間運用された後は、継続管理勘定に移されますが、非課税は続きますし運用する内容に変わりはないです。移動するんだな、程度の認識でOK。

理由③:子供が成人したらNISA口座に移行可能

20歳になった時点で引き出して無い場合はNISA口座に移行されます。引き続き非課税で運用出来ますね。

NISAに移行出来るなら、引き出さずに子供の就職祝いにプレゼントしても良いね。

忘れた人の為に『ジュニアNISAとは』

ジュニアNISAとは、子どもの将来の為に資産運用をサポートするために2016年から始まった非課税制のこと。

●2023年まで新規の投資が可能
●口座は1人1口座まで
●非課税枠は80万円/年が上限
●非課税期間は最長5年だが20歳になるまでは非課税で保有出来る
●開設者本人(未成年)の二親等以内の親族が運用管理者となる。つまり父母と祖父母
●払い出しは18歳までは払い出し制限がある(災害時などやむを得ない場合は非課税で払い出し可)
●払い出しをせずとっておくと20歳からはNISAに移行

注意点

●元本割れのリスクはある。投資なので可能性がある

●金融機関の変更が出来ない。口座を廃止して新しく作り直す必要がある

まとめ

こども名義で口座を開設し投資を行う為、子供のお金教育の一環として、子供に教えながら運用するのもいいですね。

資産運用の1つとしてジュニアNISAを検討するのはお勧めです

別の記事でNISAと積み立てNISAについて書いたのでそちらも良かったら読んでくださいね☆
NISA、つみたてNISA

ジュニアNISAの書籍もあるので興味がある方は読んでみてください。